<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - |
366days.
JUGEMテーマ:日記・一般


早いもので1年経過。しかし何か進んだ事はあったんだろーか?と思えば…あるのかしら。

地上波はテレ東以外は揃って特番体制で、予想された状況ではあるけど何かこう、ね。
ちなみに同居人からは「あんましTVばっか見ないよーに」ときっちり釘を刺されてしまったわたくし。
何でも、能面みたいな顔でTVの特番にかぶりつきになっていたのが軽いトラウマなんだそーで。
「20年以上付き合ってきて、あんな顔初めて」だったんですと。
…津波映像はこちらも軽くトラウマ入っているのであんまし見たくない。
と言うか、自分が何も出来なくて、安全圏でTV見てるだけだった、という事を思い知らされるのが嫌なんだと思う。

1年経った今日よりも2年経った来年が、そのまた先が、何とか良い方向に進んでいればいい。
願うのはただそれだけ。

…そう言えば、先月は近くのスーパーで縮み雪菜を随分見かけた。
小松菜の丈をすこし縮めたような外見で、茎は太く、葉は厚めでやや縮れの入った鮮やか緑色。
杜の都にいた頃は、母がこれを買ってくると冬本番!って感じの、ホントに冬にしか出回らない野菜なんである。
例によって例の如く(笑)全国共通だと思っていたら地域限定品で、東葛地区のスーパーじゃ見かける事が皆無だったので、そろそろその存在すら忘れかけていた。
ところが数年前から前述のスーパーで扱うようになって「おぉ地元の味!」と毎年楽しみにしてた。
けど、去年の地震で「これは今度の冬はダメかも解らんね」と思っていたんだが。

先月に入ってすぐ並び始めましたともさ。そして袋にはくっきり「亘理産」の文字が。

…ええもう。きっちり購入させて頂きましたわ。あぁこの青臭さと煮るとぽくぽくした口当たりになる茎の美味さよ。まさか買えるとは思ってなかったんだもんよ、いやホントにさ。

こんな風に、出来る場所から何とか復活していって欲しいもの。さ、今度はイチゴの番だな。
comments(0) | trackbacks(0) |
シーズン突入…。
JUGEMテーマ:日記・一般


昨日の夜のニュースで「いよいよ関東も花粉が飛びはじめましたよシーズンですよー」なんてやっていたが。
ふはははは。既に10日以上も前に症状が出始めとるわっ! …orz

9日くらいだったかなー。確か雨続きだったのが久々に晴れて、でもって午後くらいから急に鼻がぐしぐし言い出して。
何か嫌な予感がするわねー、と思ってネットでチェックしてみたら「敏感な人なら症状が出る程度」の花粉が跳び始めたんだそーだ。
…と言う事は、珍しくも流行先取りってヤツですねっ!? …orz orz

いや、こんなんで先取りしても全く得にもならんのだけど。早めに症状が出た分だけ治まりも早いってんじゃないかぎり。

でもって今年も例に漏れず市販薬のお世話になってるんだが、今年は薬を変えたせいか、はたまた乾燥が少し落ち着いてきたのか、年々嫌になるほど悩まされる「異常なまでの喉の渇き」が落ち着いているのがうれしい。
いやこれ、ホントに洒落にならんのさ。ひどい時は渇きのせいでひりついて水飲むのもしんどい事があるから。

それにしても。
今年は薬やマスクの他に「鼻の穴の中もしくは周辺に塗って花粉を吸い込まないようにするクリーム」なんてのを良く見かける気がする。試してみたい反面、イオンの効果が云々という説明書きを見ると何となくアヤしく感じてしまう(笑)。
けどホントに効くなら、どこぞの化粧品メーカーとコラボして

「目の周りに塗って花粉の侵入を防ぐ、メイクの上からでも使える(←ここ重要)クリーム/ジェル」

とか、

「花粉の侵入を防ぐマスカラ」

とか、

「花粉の侵入を防ぐ素材で出来たつけまつ毛」

なんてシロモノが出来たりしないモノかとしみじみ思う…。
comments(0) | trackbacks(0) |
宮城のうまいものはコレかも!
JUGEMテーマ:トラックバックBOX


12月に続いてのTB、今回のお題は地元のうまいものおしえて!

…と参加してみたものの、全国的に見て今ひとつパンチに欠ける気がしないでもないのよ宮城県。
メジャーなトコでは牛タンになるんだろうけど焼肉屋でも普通に出してる部位だし、個人的にはちょっと微妙(笑)。
それでも取り合えず挙げてみると…。
・米:腐っても奥州筆頭政宗公の頃からの米どころ。しかし正直、他所に押されてる感は否めない。
・海産物:秋刀魚とフカひれ。漁港の復興は半ば悲願。牡蠣も美味いけど全国的には広島産に押されてる感が(以下略)。
・萩の月:←ちょっと違うか。ちなみにいつぞやの『ケンミンSHOW』で「温めて食べると美味」と紹介されててびっくり。あれは一度凍らせたのを半解凍状態で食すのがメジャー且つ美味な食べ方だと思ってたけど違うのか〜?

うーむやっぱり宮城って食べ物方面は弱いのかしらねー、と思ってたら肝心のモノを忘れてた。
『B-1グランプリ』にもこれを使った丼が出てたし、去年もTVで取り上げられてるのを数回見たし、きっとそのうち全国区になるであろう期待の食品!

その名も『仙台麩』である。

実家では子供の頃から「油麩」で通っていて「仙台麩」という名称を知ったのは社会人になってから。Wikipediaによれば「油麩」というのは岩手と宮城の県境辺りでの呼び名らしい。私の母は平泉町出身なのでさもありなん。
でもって今はどーだか解らんけど、中学・高校時代は「油麩」と言っても「?」という反応をされる事が多かった…と思う。何せ私と同じく、生まれも育ちも杜の都という同居人に至っては「結婚してから初めて存在を知った」らしいので(まぁこれは義母が北関東出身という事もあるかも知れんけど)。

それはさておき仙台麩。
お麩を油で揚げたという、要はそれだけ。
煮物・汁物に使うと油揚げよりコクが出て美味。しかも、その名前や固めの棒状ドーナツを彷彿とさせる見てくれにも関わらず、意外とあっさり。
煮汁を吸うとぶわっと膨らむので、少量使いでも結構ボリュームが出る。厚めにカットすると肉のような食感も出て食べ応えあり。
味噌汁の具に油揚げじゃちょっと物足りないかな?という時は迷わずこちらを使う。

とにかく物が単純なので、例に漏れず(笑)全国共通の食材だと思っていたのに、就職して住み始めた静岡では見つからず大ショック。その後は小田原→千葉と移ったものの、当時は扱ってるスーパーを見た事がない。
だもんでたまの帰省時にごっそり買い込むか、親に頼んで送ってもらったりしていた。

ところが5〜6年前から近所のスーパーで扱う様に。地元以外でも普通に買えると思うと非常にうれしい。難点は小さいサイズしか扱ってないのと地元に比べて価格が5割り増しくらいになってる事だが、贅沢言っちゃーキリがない。
有り難い事に一昨年〜去年辺りからは、アンテナショップや地方物産ショップで大きいサイズを売ってる事が多いので、見かけたらごっそり買い込んでいる。

上記のサイトにもあぶら麩を使ったレシピが数点載っているけど、我が家では白菜や小松菜と一緒に煮浸しにするのが定番。今の時期なら豚汁を作る際、肉の代わりに厚さ1cmくらいのイチョウ切りにした麩をどっさり入れても美味い。真夏なら揚げナスと一緒にさっと煮てもいいし、豆腐・ミョウガとお味噌汁にするのもいい。

さらに「油麩丼」である。最初は「え?麩で丼?」と思うけど、あの食感なら納得。しかし良く考えついたモンだよなぁ…と感心々々。ちなみに1度試してみたけど、煮汁を甘めにする方が美味しいかも。あと、調子に乗って使い過ぎるとやっぱりクドくなるので使用量はほどほどに。

そしてこれを書いてるうちに、我が家のストックもなくなりかけてる事を思い出した。
さて、また池袋のアンテナショップに出向きますかね…。
comments(0) | trackbacks(0) |
乾く如月。
JUGEMテーマ:日記・一般


先週の雪でちょっとホッとしたのもつかの間、相変わらず乾燥と寒さに悩む日々ざんす。
今日から2月なのねそう言えば。寒さはしばらく収まらないだろうし、半月もすれば花粉が飛び始めるし、あぁ鬱陶しい orz
年明けに購入した灯油40L(20L×2缶)も気が付けば1缶目の8分目まで使っていて、無くなるペースの速さにがっくり。この調子じゃ3月に入ってすぐ使い切りそう…一昨年の春みたいに4月に入っても冬並みの寒さが続く、なんて事にはならなきゃいいんだけど。何せ湿気が少ないから体感温度も低いし、そうなると長くストーブを点けていないと温まった気がしない、結果的に灯油の消費量が増えてしまうわけで。

そして乾燥から肌と髪を守るため、日々あちこちに何かを塗りたくる四十路のわたくし。
顔と髪のみならず、手足にはボディクリーム、乾燥のため発生する痒み防止のクリームは腰周りと太腿。そして忘れちゃいけないリップクリーム。自宅用と通勤バッグ用と職場用とそれぞれのキープも忘れちゃいない。
…しかしこれだけがっちりガードしても、帰る頃には顔がピリピリしてくるってのがもうね(涙)。
頼むから、ここで一発どしゃっと雨降っちゃってー。そろそろ限界ですよー。
comments(0) | trackbacks(0) |
『お菓子探偵ハンナシリーズ』読了。
ジョアン フルーク,Joanne Fluke,上條 ひろみ
ソニーマガジンズ
発売日:2003-02


久々の(…汗)本紹介は、一気読みしたこちらを。

舞台はミネソタ州の小さな町、レイク・エデン。主人公のハンナ・スウェンセンはカフェを併設した手作りクッキー店のオーナー。結婚をせかす母の電話に悩まされながらも同居人(?)の元野良猫・モシェと平穏な日々を送っていた。
ところがある日、彼女の店の裏で顔見知りの配達人の死体を発見してしまったハンナ。しかも現場と思しきトラックの中には彼女お手製のクッキーが散乱していた。
妹の夫で保安官助手のビルから捜査の手助けを頼まれたハンナ、義弟の出世のためにとお手製クッキーを片手にさっそく聞き込みを開始する。

さてこのシリーズ、現在は12作目まで出版中。
2作目:ストロベリー・ショートケーキが泣いている (ヴィレッジブックス)
3作目:ブルーベリー・マフィンは復讐する (ヴィレッジブックス)
4作目:レモンメレンゲ・パイが隠している (ヴィレッジブックス (F-フ2-4))
5作目:ファッジ・カップケーキは怒っている (ヴィレッジブックス)
6作目:シュガークッキーが凍えている (ヴィレッジブックス)
7作目:ピーチコブラーは嘘をつく (ヴィレッジブックス)
8作目:チェリー・チーズケーキが演じている (ヴィレッジブックス)
9作目:キーライム・パイはため息をつく (ヴィレッジブックス)
10作目:キャロットケーキがだましている (ヴィレッジブックス)
11作目:シュークリームは覗いている (ヴィレッジブックス)
12作目:プラムプディングが慌てている (お菓子探偵12)

※6作目は中篇+前作で出てきたレイク・エデンの料理本のレシピ案内という構成。

何というか、久々に読んだ由緒正しきコージー・ミステリという感じ。
物語の進行がハンナに都合の良い様に進んでみたりする所もあるけど、田舎町ののんびりした雰囲気と結構きっちりしたミステリな部分が上手くバランスが取れていてなかなか面白かった。ミステリ自体もけったいな動機やトリックが出てくるわけでもなく、あくまで「日常の謎」の延長線という感じ。それもあってか、とにかくさっくり読めるのも良い。うーん、アレだ。推理モノの2時間ドラマの舞台を海外にしてシリーズ化してると思ってもらえば正解か?(注:誉め言葉)。
小さい町独特の、人間関係が密接な部分はあるけど、良くも悪くもカラッとした描かれ方をしていて、実は結構ドロドロした部分もあったりするんだけど当事者が余り嫌な人間に見えないのはやっぱり筆力なのかしら。さすがに12作も続くとパターンが読めてしまったりする部分はあるんだけど(笑)、それも一つの味かしらん。

コージー・ミステリに欠かせない(?)主人公のロマンスも忘れちゃいない(笑)。ビルの上司でワイルドかつセクシーな保安官のマイクと、レイク・エデンの歯医者で穏やかな癒し系のノーマン。全くタイプの違う男性二人から愛され、シリーズ半ばでは両名からプロポーズまでされるもののハンナの結論は現在保留中。その辺りの三角関係も決してドロドロごちゃごちゃした描かれ方じゃないので、そっち方面がお好きな方には少々物足りないかも。

そして一番の特徴は作中に出てきたクッキーやケーキのレシピが掲載されてる事。もちろんタイトルになっているお菓子も。但し分量はどれもアメリカンサイズなので、実際に作る場合は注意が必要かと。
comments(0) | trackbacks(0) |
文庫探して何処まで行くの。
今週から駅ビルが改装のため、ほとんどの階が休業。
ここに普段利用している本屋が入っているからさぁ困る。
利用している理由は駅ビルだからいつでも寄れる、買えばポイントが溜まるというのもあるけど、一番大きいのは「ネットで購入手続き→店頭で受け取り&会計」が出来る事。
配送じゃないから文庫1冊からでも利用OK。もちろん手数料・配送料はナシ。だもんで仮に新刊を買いそびれても「ネットで取り寄せればいーや」と気軽に考えていた。
しかし今回、改装のために当然ながらネット上での取り扱いもお休み。そうなると新規オープン予定の3月半ばまで、欲しい本は足で探さなくてはいけない。

でもって。
今週半ばに発売されたある文庫を購入すべく、駅前の本屋を回ること3件。
見事に入荷していませんでしたとさ(涙)。
つーかそもそもこの出版社から出ている文庫がほとんど入っていないわけで…だったらそりゃ新刊の入荷もないよなー、あったとしても数冊なんだろーなーと実に失礼な納得をしてしまうわたくし。
「だったらネット書店があるじゃん」と思われる向きもおられるでしょーけど、あーゆートコでは一定の金額を買わないと配送料が発生するという最大の難点が。さすがに文庫1冊で利用は無理だ。

しかしネット書店がなかった頃は、どうしても欲しい本があったら新刊の場合は予め本屋に予約するか、街中まで出向いて探し回るのは当たり前。実際に、東葛地区から本を探して渋谷新宿池袋のでかい本屋を回った事は複数回。
そう言えばネットで本を取り寄せるようになってからは都心のでかい本屋にも足を運ばなくなったわねー…。
但しヘタに足を踏み入れると、どっかでタガが外れてあれもこれもと買い込む恐れもあるので両刃の剣でもあるんだが。

ちなみに。
今回探していた本は、結局北千住のブックファーストで無事ゲット。
ここ10年くらいで常磐線沿線の本屋事情も随分良くなったよなぁ…と思う自分は住み着いて17年だったり。
盗まれて (中公文庫)盗まれて (中公文庫)

…中央公論社様、上の方で何やら無礼な事を書いてしまいましたが、愛するが故の苦言です(汗)。他意はありませんともいや本当に(汗)。
comments(0) | trackbacks(0) |
乾燥記録更新中?
何でも、東京じゃ乾燥注意報の日数が3位タイになったらしいですな。
しかしそれも納得の乾きっぷり。
つか、起きた時の喉の渇き方がハンパじゃない。ひどい時は喉が渇いて咳で起きる。
こんな状況のせいか、咳も未だ完全に収まらないのがしんどい。何だろう、喉の粘膜が微妙に乾いているから普段より刺激を受けやすくなって咳が止まってくれないって事なんだろか。

我が家の暖房はエアコン&加湿器じゃなくて、石油ストーブ&加湿器代わりのヤカンor水をたっぷり張った鍋という組み合わせなんだけど、思えば結露が異様に少ない今年の冬。
いつもの年ならストーブ点けてヤカンをかけて帰宅から寝るまで4〜5時間、カビを心配するくらいに窓がびっしょり濡れるのに、今年は同じ条件でうっすら曇るだけ。これってやっぱし湿気が少ないって事だよなぁ…。

そしてやはり、四十路にとっては肌と髪の乾燥が悩みどころ。
とは言え、実は顔については余り乾いている実感がない…咳防止も兼ねたマスクのせいかな?考えてみれば目の下から顎までをすっぽり覆ってる状態だし。とは言え過信も出来ないので、デイクリームでがっちり防御はしているが。
そして顔以上にはっきり出るのは髪の毛の方なので、毎朝のヘアクリームは欠かせない今年の冬。いろいろ試してみたけど、どうやら椿油配合のクリームが自分の髪質には合ってるっぽい。そのくせ椿油そのものはイマイチだったんだから良く解らん。

週末は雨になるらしいけど余り期待も出来ないなぁ…結構な量が降らないと乾燥も解消しなさそう。
comments(0) | trackbacks(0) |
仕事始めは咳で始まり咳で終わる。
…何かヤケクソっぽいぞこのタイトル。

それはさておき。
年末休暇から続いていた咳は、取り合えず普通に眠れる程度くらいには回復。
布団に入ると同時に咳き込み2時間なんてのが続いたらどうしようかと悩んだけど、薬の服用期間が終わったと同時に収まってくれた…これは薬がやっと効いたのか、それとも薬の服用に原因があったのか(汗)。
とりあえず、また同じ様な症状が出た時は病院を変えてみようと決意。

それでも完全に収まったワケではないので、しばらくマスクは手放せないだろうなぁ。
空気もかなり乾いてるし、咳が止まらないのはこのせいか。

でもって、あと1ヶ月半もすると花粉の季節になるんだよ…マスク付けたまま春を迎える可能性が大きいかも orz
comments(0) | trackbacks(0) |
新年おめでとうございます。
JUGEMテーマ:日記・一般


というワケで、無事に明けました。
今年は有明の冬祭りに参加する友人のお泊りがなく、同居人は例によって例の如く30日から明日まで仕事で帰宅しないため、久々に羽根を伸ばしてのんべんだらり〜♪の予定が。
クリスマス辺りからぐずぐずだった体調が仕事納めと同時にグダグダになり、29日は熱出して寝込んで30日の夜にやっと復活。だもんで大掃除もお雑煮も今年はなし。
さらにやはりクリスマスの頃からよろしくない状況だった咳は、なぜか寝る頃になると発作の如くひどくなり、2時間近く途切れなしに咳き込むため、寝不足状態。
…3が日が開けたら別の病院に行ってみよう orz

それにしても。
去年は地震があり、台風があり、何というか「…大丈夫か?」と思わず心配してしまうよな1年だったなーと。
今年はとにかく穏やかに、平和に過ぎてくれれば1番なのかなぁ、と。
そして東北出身者としては微力ながらお手伝いが出来ればなぁ、と思ってもいる。
取り合えず募金と地元商品を買い込む事くらいしか出来んけどな。

拙ブログを読んで下さってる皆様には、良いお正月、良いお年になりますように。
そして更新については毎年の如く、生暖かい目で見守って下さい(汗)。
comments(0) | trackbacks(0) |
メリークルシミマス。
JUGEMテーマ:トラックバックBOX


今回の御題は『クリスマス、何をして過ごしますか?』。

溶けかけの鼈甲アメの如くベタなタイトルのようなクリスマスイブでしたともええホントに。

そもそもは23日の夜。
夕飯の後、気付けば何となく体調がおかしい。寒気もするし喉も痛むし、体のあちこちも痛い。
これは風邪がぶり返したかなーと思って早々就寝。
ところが夜中に数回、咳で起きる。しかも起きる度に喉の痛みと体の節々の痛みが増す。
同居人も「喉が渇いて辛い」と言いだしたので、急遽、土鍋と煮込み料理用の深鍋にお湯を沸かして枕元に置いて寝なおす。

そして昨日の朝。
喉と体の痛みは増してほとんど動けないし、微熱ながら発熱も確認。
但し腹痛や下り腹ではないので、風邪が悪化したかインフルにでもかかったかと判断。
取り合えず枕元に水分を用意して寝込む事半日。
夕方になってどーにかこーにか復調。喉は痛むけど体の痛みはほぼ無くなり、熱も平熱まで低下。
買い置きのスープとパンで全日本フィギュアを見ながら淋しいイブを過ごしたわたくしなのだった。とほー。

ちなみに夕飯の後に飲んだ市販の風邪薬が効いたか、今朝はほぼ復活。
しかし何が辛いって、今年は室内の乾燥っぷりがハンパじゃない気がする…。
体調が悪かった事を考えても、喉の渇きで起きるって経験なかったし。
沸かしたお湯じゃなく、いっそ洗濯物でもぶら下げておいた方がいいんだろうかと思案中。
comments(0) | trackbacks(0) |
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND

風見さん家の本棚
i-pod
Blog-Cat

by blog Pitatto!
LINKS
PROFILE
OTHERS
JUGEM